虫歯予防のポイント2013年9月10日

診療内容

特殊治療

WEB診断室でチェック!

医院紹介

採用情報

採用情報

糖分の摂取回数を控えめにする シュガーコントロール

糖分を上手にコントロールすることで、むし歯菌の養分になるものを少なくし、菌の繁殖をおさえることができます。 代表的な養分には、食べ物や飲み物に含まれる砂糖(ショ糖)や、果物に含まれる果糖やブドウ糖などがあります。 糖分の含まれる食べ物や飲み物を取る回数が少なければ、よりむし歯になりにくくなります。 とくに注意したいのは、三度の食事以外にとる間食の回数です。 もともと間食には、三度の食事で不足する栄養分を補う意味があります。 そこで、間食の内容には、甘いものだけでなく栄養面も考えて、ひと工夫したいものです。
間食をすると、プラーク中のpH(ペーハー)は酸性に傾き、脱灰がはじまりますが、しばらくすると唾液の働きにより再石灰化されます。
図Bのように間食の回数の多い食生活では脱灰の時間が長く、再石灰化の時間が短くなり、むし歯の危険性が増大します。寝る前の飲食はもっとも危険です。寝ている間は口の中の唾液の流れが弱いので、再石灰化が不十分となり、脱灰が続くためです。

虫歯を減らす プラークコントロール

むし歯菌を減らすには、ブラッシングが最も一般的な方法です。 正しいブラッシングによって、むし歯菌のすみかになるプラークを取り除きます。
食べ物のカスがついたまま24時間経つと、歯の表面では、むし歯菌が相当に繁殖します。
とくに寝ている間は、唾液の流れが弱いので、歯のエナメル質から溶け出したカルシウムやリン酸が補われず、危険な状態が長く続くことになります。

そこで歯みがきをする良いタイミングは、
●寝る前は必ず ●食前・食後はできるだけ
これを毎日の習慣にすることが、大切です。

食前の歯みがきの利点は、古いプラークがあると飲食の直後からより酸性に傾いた脱灰が始まり、虫歯の危険性が増大するので、食前にそのプラークを取り除くことが望ましいからです。
ブラッシングの方法や歯ブラシの選び方については、歯科医師に相談し、専門的な指導を受けましょう。

ブラッシングを過信しすぎない

むし歯は、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や咬合面の深い溝などができやすいので、ブラッシングを過信しすぎないことも必要です。 歯と歯の間ではデンタルフロスを、深い溝にはフッ化物による歯質の強化やシーラントによってふさぎます。

カテゴリートップ
   

よくみられいてる記事

院長について

2013.08.14

院長プロフィール 院長略歴 昭...
交通のご案内

2013.08.15

にし歯科クリニックの交通のご案内 ...
ドックベストセメント治療

2013.10.18

ドックベストセメント治療とは ドック...
院内のご案内

2013.08.14

院内のあっちこっち!当院の中をご紹介い...
お口の洗浄

2013.08.15

Dr.Wash 口の汚れが目...
取材

2013.08.14

取材記事 こんにちは新聞で歯科衛生士の...
CT撮影のご依頼(他医院様へ)

2013.08.20

1ショット(片顎)7,350円 ...
リクルート

2013.08.15

歯科衛生士 職  種 歯科衛生...
TE-BONE

2013.10.18

TE-BONEは東京大学医科学研究所で...
一般歯科

2013.08.15

歯科一般、口腔外科、小児歯科の他に以下...
岡山市の歯医者 にし歯科クリニック

住所 〒703-8293 岡山市小橋町2-3-5
TEL 086-270-1180
診療時間 9:00AM~1:00PM/3:00PM~8:00PM
休診日 木曜午後・日曜・祝日

岡山市の歯医者なら、にし歯科クリニックへ。一般歯科・インプラント・口臭・いびき・睡眠時無呼吸症候・スポーツ歯科・小顔・ホワイトニング・PMTC(予防治療) ・エステ(口臭治療) ・パタカラ治療(小顔) ・口膣ケア ・歯科用CTスキャン・無料相談・カウンセリングも行います。