セルフケアが大切2013年9月11日

診療内容

特殊治療

WEB診断室でチェック!

医院紹介

採用情報

採用情報

<顎に異常を感じたら> ~顎関節症の原因とセルフケア~

セルフケアが大切

症状改善の第一歩は患者さん自身のセルフケアです。顎関節症の多くは、その病気の性質として安静にしていれば治っていく病気です。例えば、ネンザの痛みが 安静にしていれば改善するのと同じです。したがって、顎関節や周囲の筋に痛みがあるときには、まずセルフケアから治療を始めます。

1.顎の安静を保ちます
軟らかい食事にしましょう痛みが強い場合には、スープ、軟らかめのご飯、卵、ヨーグルトなど軟らかい食べものに限定してみましょう。 とくに長い間噛まなくてはいけないものは避けましょう。
顎をリラックスさせましょう
日中にくいしばりをしないように顎の力を抜き、いつも上下の歯を離しておきましょう。 くいしばっているのに気がついたら、ハミングするのも効果的です。
1.顎の安静を保ちます
あくびの力をコントロールしたり、食事中や会話での大開口は避けましょう。

3.温湿布します
慢性の筋症状には温湿布を行います。 痛みのある患部に1日数回、1回あたり20分間お湯で温めたタオルをあてがいます。ただし。もし痛みが増すようでしたら、 直ちに中止します。急性の症状には、冷湿布をすることもあります。
4.筋肉へのマッサージをします
頬の部分のだるさや、口を開けたときの痛みやつっぱり感があるときには、頬の筋肉をマッサージしてみましょう。 血行が良くなり、痛みが軽減します。温湿布の後や入浴後が効果的です。
5.よい姿勢を保ちます
頭をもちあげて背中を伸ばすようにします。椅子に座るときは、腰を深くかけ背中を伸ばすようにします。 このとき、腰の上あたりに小さな枕やタオルを巻いてあてがうと、長時間の座りでも楽になります。
6.仰向けか横向きで寝ます
顎関節や首の筋肉に負担をかけないように、仰向けか横向きで休み、うつ伏せ寝はさけます。 枕は低いもので、主に首の部分を支えるようにします。
7.開口練習をします
症状に応じて、歯科医師の指示にしたがって開口練習をします。

その他、過度なストレスは避けるなど、さまざまなセルフケアがありますが、担当の歯科医師と相談のうえ、ご自身に合ったセルフケアで症状の改善を図ってください。

カテゴリートップ
   

よくみられいてる記事

院長について

2013.08.14

院長プロフィール 院長略歴 昭...
交通のご案内

2013.08.15

にし歯科クリニックの交通のご案内 ...
ドックベストセメント治療

2013.10.18

ドックベストセメント治療とは ドック...
院内のご案内

2013.08.14

院内のあっちこっち!当院の中をご紹介い...
お口の洗浄

2013.08.15

Dr.Wash 口の汚れが目...
取材

2013.08.14

取材記事 こんにちは新聞で歯科衛生士の...
CT撮影のご依頼(他医院様へ)

2013.08.20

1ショット(片顎)7,350円 ...
リクルート

2013.08.15

歯科衛生士 職  種 歯科衛生...
TE-BONE

2013.10.18

TE-BONEは東京大学医科学研究所で...
一般歯科

2013.08.15

歯科一般、口腔外科、小児歯科の他に以下...
岡山市の歯医者 にし歯科クリニック

住所 〒703-8293 岡山市小橋町2-3-5
TEL 086-270-1180
診療時間 9:00AM~1:00PM/3:00PM~8:00PM
休診日 木曜午後・日曜・祝日

岡山市の歯医者なら、にし歯科クリニックへ。一般歯科・インプラント・口臭・いびき・睡眠時無呼吸症候・スポーツ歯科・小顔・ホワイトニング・PMTC(予防治療) ・エステ(口臭治療) ・パタカラ治療(小顔) ・口膣ケア ・歯科用CTスキャン・無料相談・カウンセリングも行います。